介護保険とは

介護保険は高齢者の介護サービス・介護支援を保障するための社会保険制度です。
2000年に施工された介護保険法に基づいて実施されており、市町村が運営をしています。

被保険者は65歳以上の方(第1号被保険者)と、40歳以上65歳未満で医療保険に加入されている方(第2号被保険者)に分けられます。

介護保険は介護用品・福祉用具のレンタルや購入、住宅改修などにも利用できます。

第1号被保険者
第2号被保険者
 加入する方    65歳以上の方

   40歳から64歳までの
医療保険に加入している方
 介護サービスの利用  要支援状態または要介護状態の方。  初老期認知症、脳血管疾患など
16種類の病気により要介護状態や
要支援状態になった方。
 保険料の支払い方法  原則として
老齢・退職年金からの天引き
 加入している医療保険と併せて徴収
※支払い方法は各自治体により、異なる方法がとられている場合もあります。


サービス利用上限額

受給者の状態により、要支援1~要介護5に分けられており、それぞれ支給限度額が決まっています。


要介護・要支援区分 想定される状態 支給限度額(月額)
ご利用負担額(月額)
要支援1  日常生活上の基本動作をほぼ自分で行うことができるが、日常生活動作の介助や現在の状態の防止により要介護状態となることの予防に 資するよう、手段的日常生活動作において何らかの支援を要する状態。 49,700円
 4,970円
要支援2  要支援1の状態から、手段的日常生活動作を行う能力がさらに低下し、何らかの支援が必要となる状態。 104,000円
 10,400円
要介護1  要支援2の状態から、手段的日常生活動作を行う能力が一部低下し、部分的な介護が必要となる状態。 165,800円
 16,580円
要介護2  要介護1の状態に加え、日常生活動作についても部分的な介護が必要となる状態。 194,800円
 19,480円
要介護3  要介護2の状態と比較して、日常生活動作及び手段的日常生活動作の両方の観点からも著しく低下し、ほぼ全面的な介護が必要となる状態。 267,500円
 26,750円
要介護4  要介護3の状態に加え、さらに動作能力が低下し、介護なしには日常生活を営むことが困難となる状態。 306,000円
 30,600円
要介護5  要介護4の状態よりさらに動作能力が低下しており、介護なしには日常生活を行うことがほぼ不可能な状態。 358,300円
 35,830円